14221422

メキシコの「今」を国内から現地のビジネス情報までお届け!

ART
2019/4/24

メキシコの「シナリオの現実」展覧会はテレビの力を示す

Polancoにある現代美術館Museo Jumex

あなたはテレビ派ですか?ネット派ですか?それとも、ネット派になった元テレビ派ですか?

どちらにしても、ビジュアルメディアの力は争えない時代だと思われます。現在、世界中の重要な情報、新しい商品のCM、映画のようなエンタテインメントなどはすべて動画か画像で視聴されているので、ビジュアルメディアは観客の日常生活を形作る一つとなっています。20世紀以降テレビがそういう生活の中心となり、さらにその世紀の事実も形成しており現代のマスメディア文化に大きな影響を及ぼしています。

3月にメキシコのJUMEX美術館の「シナリオの現実」展覧会はそのテレビと現実との関係をテーマにしており、国内や国外の現代アーティストの作品を展示しています。

Museo Jumexの入場券

ドラマから、インスタレーションまで様々なアーティストのテレビに対する政治、社会、文化的な考え方を見ることができます。特にメキシコ、そしてスペイン語圏最大のテレビ局Televisaが提供している展覧会なので、メキシコに関する面白い作品も多いです。

Jesse Edwards, Mickey TEED off (2015), Stressed out Sylvester (2014)

例えば、Miguel Calderon (ミゲル・カルデロン)の「Mexico vs Brasil」のメキシコ対ブラジルの偽物のサッカー試合は、とても面白くて楽しいです。2004年サンパウロ・ビエンナーレにこの偽物の試合のインパクトを出すためにビエンナーレのスペースではなく、一般のサンパウロのバーのテレビで流されました。試合の結果はメキシコ 17、ブラジル 0なので観客は大いに驚きました。この90分のビデオによってチャンピオンのブラジル代表の当然の勝利がない異世界を作ってしまったのです。つまり、明白な事実に挑戦する作品なのです。

Miguel Calderon, Mexico vs. Brasil (2004)

JUMEX美術館はメキシコやラテンアメリカの中で最も有名なアートスペースの一つなので、現代美術に興味があればJUMEX美術館はおすすめです!

そして、PR MEXICOのSNSでJUMEX美術館のプロジェクトや様々なメキシコのアートニュースをよく投稿しますのでフォローしてください!

Nam June Paik, Fucking clock (1993)
Jorge de la Garza, Cut & Fade (2017)

RANKING人気記事!

1

MUSIC

メキシコの最新音楽をお届け。クラブ・ミュージックはトロピカルベース!

日本の皆さんこんにちは!! 現在メキシコシティを拠点に、DJ/プロデューサー活動、またTerookaというエクスペリメンタルジャズロックバンドでエレクトロニクスを担当しているTaiki Ozawaと申します。 今回PR […]

2016/12/19
メキシコの最新音楽をお届け。クラブ・ミュージックはトロピカルベース!
3

FOOD

メキシコのソウルフード!?「モレ」をひもといてみた

私は長年メキシコ人と話していて、とても気になっていることがある。 それは「モレ」のことである。メキシコ料理の話をしていると「あれもいいけど、これもいいけど、やっぱり“モレ“を食べさせてあげたい。」とか「モレ、知ってますか […]

2017/8/31
メキシコのソウルフード!?「モレ」をひもといてみた